FC2ブログ

プロフィール

mizu

Author:mizu
初めまして、そうでない方はこんにちわ。MIZUです。
暖かな日だまりに華の香る息吹、春はやる気に満ちる時期なんだそうですね。でも逆に削がれちゃう人も少なくないみたいです。
いくらコケようがいくら刺されようが、
生きてさえいれば、
春はきっともう一度やってくる。


東方かうんたぁ~


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


東方かうんたぁ~

現在の閲覧者数:

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:女への道
例えば、私が女として目覚めてからというもの、その雰囲気は随分と変わったと、自分では思います。
少なくとも私が女で在りたいと想うまでは、ある程度は健全な男子だったハズですから、文字通り180度方向転換をした人生を歩むことになるわけですが・・・
当然、私が女で在りたいが為に目指すもの、成すべきこともありますが、
それ以上に、「私の心は女なんだ」と感じた瞬間から、自分の中で「何か」が大きく変容したように感じます。
それは、性格や感性から、言葉遣い、声のトーン、身振り、仕草まで、私が人として放つオーラさえもが、特に意識しなくても女として私の身体に自然に浸透し、馴染んでいくように感じます。

それは例えるなら、23年の歳月を経てようやく、本当の私が目を覚ましたような感じ。
先日の誕生日も、私は「水希として」向かえました。
今の私は、確かに水希として生きています。
まるで今までの私が間違ってたかのように、私という在り方が上書きされ、更新されていく。
脳が、不思議と男から女へとシフトする。
身体はあんまりシフトしてくれないけどね^^;

その感覚はあくまでも女の子であり、そうした変化を感じる度に「あ、私って女の子なんだ・・・」と、私自身が改めて再認識したりする。
もっとも、私が比率10割で女でいられるのは、現在のところ一人の時か、真季さんと一緒に居る時ぐらいですが...
やはりどうしても仕事場や、学生時代からの友人の前では、今一つ女の子になりきれない...
男4:6女ぐらいな割合でしょうか。

でも、そうやって私が女として変わりゆく中で、変わらないものもある。
例えば言葉遣い。
「〜じゃねぇよ」とか「〜しやがれ」とか。真季さんにもよく「女の子はそんな言い方しないから!」って言われます。
まぁ、普通の女の子でもこういう言葉遣いをする子はいます。 でもほら、私達はベースが男だから、男っぽさを感じる部分は出来るだけ無くしたい傾向なんですよね。

でも私は、それを無理に直すつもりはないです。
私が女として自然に変わりゆく中で、私が誰よりも女で在りたいと努力する中で、それでも変わらない部分がある。
それは、私が男だった頃の名残なのだと言ってしまえばそうなのかもしれませんが、私が男だろうと女だろうと変わらないのは、私が私で在るが故の「私らしさ」なんだと思うのです。
どれだけ女になろうとも、私らしさが欠けてしまっては、そんじょそこらの女達と一緒。それではただ女になりたいと願うGIDが、女として生きたいが為に女に成り切るだけの道化。
逆に言えば、私は私らしく生きたいから女になりたい。
私らしさが無いのであれば、そもそも女になる意味すらないだろう。
まず「私らしさ」ありき、これに尽きる。

私は私として生きたい。
これからも私らしさを見失わないように生きたいです。
DATE: CATEGORY:今日のお題
今までどれだけのものを失い

今までどれだけのものを捨てて

一体どれだけのものを糧に、犠牲にしてきたのか

それさえもが必然でなければ、今の私は在り得なかったというのか

失いたくなどなかった

捨てたくなんかなかった

糧なんて、犠牲なんて欲しくなかった

そうまでして此処まで来なければいけなかったのか?
以前はそう思っていた

光があるかも分からないような未来なんかの為に失ってきたものは、あまりに尊く、多すぎると

何よりも大切だったものがこの手から零れ落ち

泣きながら、自ら捨てなければいけないものもあった

知らない間に零れていたものもあった

零れたことにすら気付いてないものだってあるはず

この手から大切なものが幾つも零れていき、それでも何故私は歩いてきたのか

傷だらけになりながら、
泣きじゃくりながら、
それでも私が見てきた夢とは何か?

今の私が在るのは、これまでの必然から成り得るのだとしても、
失うべきものなんてなかったはず
もっと沢山のものを拾い集められたはず

今となっては、もう拾うことも叶わないものもある

でもそれでも、今しかないのでしょう?

割り切るわけじゃない
忘れてしまうわけじゃない

私の手から零れていったもの・・・それを想う想いがあるからこそ、
今の私は在り得るのだと信じたい

今の私が、貴方の為に在るというのなら、

私は貴方をもう泣かせはしない


今日のお題「犠牲と代償、その先にあるもの」
DATE: CATEGORY:水の日常
はへ、病み上がりなもんで、朝起きて熱を計ってみたら37℃ありました。 何だか熱がぶりかえしてるっぽいんですけど、頭痛はないし、とりあえずお薬飲んで出勤♪
いつもより10分早く出たのに、いつも通り遅刻しました(汗 渋滞しやがってw


今日は朝からシュウとお喋りしながら楽しい気分でお仕事♪(コラ
こういう雰囲気は悪くないですね、嫌いじゃないです★
そういえばつい先月くらいまで、私は随分とシュウにお熱だった気がしなくもないですけど、真季さんと付き合うようになった今では、ウソみたいにその手の感情が消え失せました。あ、だからウソじゃないですよ^^;

彼に対する壁みたいなものが無くなったせいか、自然な態度でいられますね。良い感じです♪
彼も今日はたまたま、よく話す人がお休みなこともあって、私との会話も結構弾みます♪

そういえば彼も、お熱を上げていた幼なじみとの関係も修復され、今は新しい恋に心を燃やしてるようですw 良好な感じですね☆


久々に随分と穏やかな職場環境です♪
緩み過ぎて落とし穴に落ちないように気を付けます☆
DATE: CATEGORY:水の日常
あ、ハイ。別にブログ更新するのサボってたわけじゃないですよ?
てか元々私のブログは不定期なもんですしw

そういえばケータイでブログを書くのって、とってもお気軽でお手軽な感じですけど、実はこれだけの文章をケータイのボタンで書き上げるのって結構めんどくさいんですよね。一度でもキーボードに慣れてしまうと。


ここ二日ばっかし風邪でダウンしてました(汗
せっかく、昨日も仕事が終わった後で真季さん家に泊まりに行く予定だったのに、一昨日から風邪の疑いを感じ、昨日は朝から完全にダウンorz
真季さんからも家に来るなと言われてしまいました(泣
まぁ、私も真季さんや娘ちゃんに風邪を移すような真似はしたくないけど。

今日のお昼に真季さんがお見舞いに来てくれました★ 差し入れのケーキ付き♪
お見舞いとかされたのって初めて☆ 真季さんもお見舞いなんてするの初めてだったんだってw

その後、真季さんとしっぽりしてる内になんだか元気になっちゃいましたw 私ってすごく現金かもwww


まぁこの2月は休みの日は全て真季さん家に泊まりに行ったり、友達と旅行に行ったりで、ゆっくりする時間が少なかったから、ちょっと無理が出ちゃったのかも^^;
私自身、平熱が35℃前半とはいえ、たかだか37℃でここまでダメージを喰らうとは思ってもみなかったからなぁ〜^^;


とは言っても、これに懲りずに3月もこんな調子なんでしょうけどww
無理の出ない程度に来月も頑張ります☆
DATE: CATEGORY:水の想い
彼女はよく考える

暗闇の中を手探りで、それでも万全と最善を尽くす術を模索するかのように

朝日が昇るように繰り返し、マリアナ海溝よりも深く掘り下げて

でも結局いつも彼女は走ってしまう

自分は強いと勘違いして、根拠の無い強さを謳う

そして転んで泣いてしまうのだ

誰にも見られてないと思って、「目にゴミが入った」と白々しく嘘ぶくのだ

そもそも人なんて生き物は決して強くなんかないのにね

でも彼女は頑固で意地っ張りだから、絶対に私にその弱さを見せようとはしない

バレバレだけどね

紙切れ一枚のハリボテで突っ走る彼女だから、私は後を追って、彼女がケガをする度にバンソーコーを貼ってあげようと思ったのだ

人は一人ではいつか倒れてしまうから、私が彼女という「人」の支えになろうと思ったのだ

でも気が付いたら、支えられていたのは私の方だった

私が支えて「人」のつもりが、私の方が寄り掛かっていて「入」になってた

なるほどね、支え合うってこういうことなんだ

だったら、私ばっかり楽してないで、彼女にももっとゆったりしてもらえるよう私も頑張らなくちゃ

人って支え合っているものだから
DATE: CATEGORY:紡ぎ、繋がり、仲間
はへ、先日は友達と箱根へ一泊三日な旅行へ行ってきました♪
友達と旅行なんて、初めてなんですよね☆ って、前回もそんなこと言ってましたっけねw

楽しかったですよ☆
色んな所からでっかい富士山眺めたり、道に迷いながらも、箱根の山道は走ってるだけで楽しいし♪
なんと言っても一番のイベントは温泉でしょう!
始めは温泉のある旅館に泊まるのかと思ったら、プールのような雰囲気の温泉施設でした。海パン着用です。
やっぱり恥ずかしくてタオルで胸を隠してたけど、友達にチラッと見せてみたら、「大丈夫!」て言われちゃったから(w)キッパリ男の子モードでやってやりましたw
なんか悔しいよね。これでもAカップあるんだぞコノヤロウ!って感じですよねw
マジでこんな野郎共は、いつかSRSしてワンピースでもビキニでも着て悩殺してやりますw 鼻血ブーさせてやりますよwww

あれですよね。学生時代からの友達とかは私自身男として付き合ってきたもんだから、相手も私のことを女として見れないようですし、私も中々女の子を気取る感覚にはなれないですね・・・ホントは気取りたいんですけど(汗
私が普通に、というか自然に女の子を気取るには、まだまだ様々なものが足りないと痛感します。

一日目はみんな仕事終わりに合流して、夜な夜な車を走らせて夜を明かし、二日目は箱根の観光地を周りながら蕎麦とかソフトクリームばっか食べてましたw
仕事終わりの夜通しが祟って、民宿に戻った後は全員ノックアウトでしたw こういう時こそ積もる話もあったろうにね☆
三日目は千葉へ向かいながら、小田原城を見物したり、横浜のラーメン博物館で食べ歩きしたりしながら帰路に着きました。

その後は私の家に集まり、民宿では出来なかった積もるような話を沢山しました。
しかも何故だか暴露大会にw きっとこれは私がGIDを打ち明けた事が起因してかと思います。
「実はこうなんだ」なんて話がいっぱいありました。でも不思議と拒否的な想いにはなりませんでした。

皆それぞれが、様々な事、想いを抱えているのだと感じました。
紐解いてみれば、私は決して特別なんかじゃないんだと感じさせられます。
またこうして、互いに打ち明け合うことが出来たのも、私達が確かに「何か」で繋がっているからなんだと思います。


今回の旅行はとても楽しくて、また価値のあるものでした。
それこそお金じゃ買えない、プライスレス・・・みたいなw
買えるものはマスターk(ry

また皆で旅行へ行きたいですww
DATE: CATEGORY:水の日常
今夜から泊まりで箱根へ温泉に行きます♪

久々に会う高校時代の仲良し4人で旅行へ行くなんてことも、実は今回が初めてだったりします。 楽しみですね☆

反面、貴重な2連休を費やしてしまうのが、ちょっと勿体なくも思います。
次に真季さんと逢えるのは・・・一週間か、10日ぐらい先になってしまうので...

真季さんとも温泉行きたいなぁ〜〜・・・なんてね(汗

まぁ友人達と遊ぶのも久しぶりですから、それはそれで楽しんで来ます♪
友人は3人共、男なんですけどねw 何でか知らないけど、昨夜もお手入れがいつもより入念でしたw

でも温泉なんてどうしよ?
友人とは言っても、私女だし、男な私はヤだし、上も下も見られたくないんですけど(汗
あんまり深く考えてなかったけど、ちょっと無計画過ぎたな(汗々
DATE: CATEGORY:水の日常
16日は真季さん家に泊まりに行きました♪ もう休みのたんびに通ってますw

翌日に私の誕生日を控えるということもあって、この日の夕食はちょー豪勢☆ もちろんケーキもあります☆
私、こういう風に誕生日をお祝いされるのって初めてなんですよ! だからもうすごく嬉しくって♪
部屋の明かりを消してロウソクの火を消すなんてことも、少なくとも私の記憶上では初めてのことでした☆
誕生祝いに関しては、24才のというより、私的には「水希、1才♪」な感覚が強かったですw
女として目覚めたばかりの私は、心も身体も小学生みたいな幼さを私自身感じますので、これからもっと大人にならなくちゃww

この休日は何だか忙しかったです。
皆で遅い夕食を食べてから一緒にお片付けしたり、一緒にお風呂入ったり、布団に入ったのが2時半頃の話。
翌日は10時に布団を剥がされて布団を干され、遅めの朝食。三人でひな壇を飾って昼食食べて、二人で布団と洗濯物しまってお買い物行って、昼寝こいてお風呂入って皆で夕食食べて・・・そんな感じでした。
あまり二人でゆっくりする時間はありませんでした。ベッドインとかねw
休日をなんてことのない日常のように過ごしました。 でも私にとってはそれも貴重な一時でした。

私も真季さんも、一緒に居るのが当たり前、傍に居るのが普通だと、互いに感じています。
不思議ですね。付き合いだしてまだ1ヶ月も経たない、こうして共に過ごす日も両手で数えるくらいなのに、二人してそんな風に感じているのです。
近い将来に夢を見れば、一つ屋根の下で暮らし、私が性別「女」になり、結婚・・・なんて事も、ちょっと冗談な話ではないですし。
何ででしょう? 自分でも不思議に思うぐらいに想いが本気なのです。
DATE: CATEGORY:水の想い
はひ、14日は真季さんとデートでした☆
そういえば、初めてデートらしいデートだったと思いますw いつもはお家で過ごすので、家でやることって言ったらねぇーww

朝から東京駅で落ち合い、横浜でお買い物して来ました☆
腕を組んでお喋りしながら歩く様はまさに恋人同士のそれ。人目も憚らずイチャイチャベタベタ。
周囲は私達のことをどう見ていていたんでしょうか...でもそんなの関係ねぇけどww

お買い物のメインは何と言っても指輪!ペアリングです! アクセサリなんて初めてだから、すごく緊張しました☆ 真季さんはそんな私を見て面白がっていたんだそうですww
様々な雰囲気の指輪をはめてみて、私にバッチリ似合う指輪を頂きました☆

真季さんは、寂しがり屋な私の支えになるよう、浮つきやすい私がフラフラしないようにと、誕生日に指輪をプレゼントしたかったんだそうです。指輪ならペアにもなるし。

嬉しい・・・
そういう想いが込められた指輪で、私達は繋がっている・・・
想いが目に見える、形として確かに存在してる、なんかすごい・・・
だからこういうプレゼントは一生の宝物なわけだ、なるほどね...

初めて貰ったプレゼントが、そんなにも想いの詰まったプレゼントだなんて、私は幸せです・・・


はへ、その後そのまま昼食をとり、真季さんの家へ行きました☆
途中コンビニへ寄って、ソフトクリーム片手に二人で何だかお散歩気分な感じで♪
もちろん、家に帰った後は布団の中で愛し合ってw 既に夕方だったから、3ラウンドくらいだったかな?

バレンタインチョコもすごく喜んでもらえたし、とても素敵な一日でした☆
想いは形になる・・・それって、凝縮された想いの結晶なんだね☆
土曜もお泊りですww
DATE: CATEGORY:水の裏側
また次がある

また今度ある

また明日がある


そんな保証がどこにある


2008.2.12.火曜日


なんでだか今日は時間がない(汗

そういえば今日は仕事を終えた後で買い物に行ったんだっけ。
家に帰ってから真季さんと電話して、ゴハン食べて、また真季さんと電話して・・・お風呂入ってさぁやるぞと思ったら夜中の2時半だった。なんだこりゃ。

ホントは13日の夜からまたお泊りに行く予定だったのが、所々の理由で14日のお昼に会うような予定になった。
これを踏まえれば、今日は無理せずとも、明日にやれば良いような気もしなくもないですけど・・・
まぁ、明日は明日で身だしなみとか、色々やりたいし、寝坊したくないから、今日追い込んでしまう方がいいだろうと思った。

とりあえず昨日までに作っておいたチョコをデコり、試験的に箱詰めしてみる。
真季さんの分は大丈夫っぽい。なんとか10コ入ったし、スカスカしたところは紙屑?みたいので埋めて・・・フタをして、角度を変えてみたり、揺らしてみても大丈夫みたい。真季さんのはこれでOK♪
で、箱をリボンで結ぼうとしたら・・・・緊急事態発生!!

リボンが結べねぇ( ̄□ ̄!!)

実は箱がハート型なのです...
色々な締め方を試みましたが無理!
懸念してはいましたが、まさかここまでハマるとは・・・不覚orz
とても悔しいですが断腸の思いでリボンをセロハンで固定。もうこれで良し! 良しとする!

そして・・・仕事終わりに買ってきた箱に残りのチョコも詰める。
これは当然、真季さんの娘ちゃんの分と、前回買い物に付き合ってくれたなっちゃんの分と、余り1コ。
でもリボンの結びに異常なほど手間取ってしまって、なっちゃんの分を箱詰めした時点で既に夜明けの4時半。
さすがにもう限界。
身体的に問題なくても、明日の仕事的に無理。
後は箱詰めにするだけだから明日にしよう・・・
DATE: CATEGORY:水の裏側
私がエンジンなら私が以つ想いはハイオクなのさ

私に流れる血液はオイルなのさ

冷却水? ブレーキ? ステアリング? そんなのとりあえず実家にでも置いといて

走ってナンボが私のテスタメント


2008.2.11.Mon

真季さん家から帰り、今日も夜な夜なチョコ作り♪
今日は残りの18コ分のチョコをヤッちまいました★

チョコを刻むのも慣れたもんで、でも深夜の1時から始めて、3時までかかりました。
さすがに時間切れくさいので、デコ入れは諦めて明日にします。

なっちゃんに聞いたところ、やはりチョコがペースト状なのは湯煎の温度が問題だと言っていたので、今回は高めの温度設定だったんだけど・・・・やっぱりペーストだった(汗

「当たりどころが悪いとはこういうことか!」

そんな感じですw

はへ、結構チョコが余りそうな感じなので、約束してたなっちゃんの分と、真季さんの娘ちゃんの分も取って置きましょうか♪ ラッピングは面倒なのでタッパーにでもw

明日、デコってラッピングして・・・明後日は真季さん家に♪
S作戦、成功するかな?
DATE: CATEGORY:水の裏側
始めてみなければ分からないことがある

始めの一歩は誰でも恐いもの

だったら恐さなんて忘れたフリして一歩踏み出しちまいな

一歩踏み出すだけならタダなんだぜ


2008.2.9.Sat


バレンタインまでもう時間がありません! というか私の時間が全然足りません!!
ここ最近から14日まではかなりの過密スケジュール。
約2、3日おきに真季さんと会ってお泊りして、真季さんと会う前日は身だしなみを整えるのに必死だし、とにかく時間がない!
今日を含めてチョコを作れる日は後3日しかないのです! 私チョコ作るの初めてなんですよ!? 失敗しちゃうかもしれないし、上手く出来なかったりするかもしれないし、僅かな時間を無駄にするわけにはいかない。
てことで、今日は徹夜の覚悟で初めてのチョコレート作り★ やっぱ一度作ってみないと分かんないしね!

作り方は買った割りチョコと、型になるタルトにも書いてあったけど・・・すいません、作り方が若干違うようですが(汗
まぁ、タルトに載せるチョコを作るんだから、タルトの方でww


・・・あれですね。割りチョコを刻むのって、すごく面倒くさいんですね(汗
とりあえず今日は試作的に12コ分の量を溶かしてみました☆

・・・がΣ( ̄□ ̄!!)

何だかチョコの溶け方がとってもスウィートちゃんな感じなんですけど(汗
もっとこう・・・チョコレートシロップみたいな感じにトロトロになるのかと思ったのに、例えるならこれは・・・あんこの感触に近いペースト状なんですが!?
湯煎の温度が低いのかな? 生クリームが足りないのかな?
あれこれしてみたけど、なんかもうどうにもならない感じorz
「こんなもんか?」といった感じで作業続行w
ホントは溶かして一度冷まさないといけないんだけど、冷ますとホントに固くなってしまうので早々にタルトにチョコを詰めました★ もうホントに、この感覚は餃子の皮に具を載せるような勢いだww

真季さんにあげるチョコは文字を入れて10コ。
やっぱりというか、「真」とか「季」がヘンテコになりましたw
味見を兼ねて食べてみましたが、味は悪くないです♪ 当たり前っちゃ当たり前ですけどww

残りのストックは後18コ。なんとか形にはなりそうなので、気合い入れて作るぞぉ☆
DATE: CATEGORY:水の裏側
2008.2.5.火曜日


今日は仕事が終わった後、お店のレジっ娘と一緒にお買い物へ行きました。
そうです、バレンタインチョコの材料を買いにです♪
レジっ娘のなっちゃん(仮名)は私がGIDだと知っていて、付き合ってくれています。
お店の中で私のことを知っている人は数人いますが、壁を張られることなく接することが出来るのはなっちゃんだけです。 それだけに、私も「女の子として」話をしたり、聞いたりします。そうした一時がとても楽しいです★

バレンタインチョコの買い出しなんて、初めてのことだし、何だか恥ずかしいし・・・こんなこと相談出来るのって、なっちゃんしか居なかったから、無理言って付き合ってもらいました☆

初めはハート型の大きなチョコを3枚作って、それぞれに文字を入れてこうかと思ったのに、私が考えてたくらいの大きさの型がなくて、またそれを詰める箱も無いという、出初めから躓く状況に(汗
だから急遽予定を変更せざるを得なくて、すごく迷っちゃった♪
色んなのがいっぱいあって目移りしちゃう感じ★

それに、選ぶのってチョコだけじゃないのよね、考えてみれば。
チョコを詰める箱も、どんなチョコを詰めるかでバランスを取らなきゃいけないし、箱に似合ったリボンも調達(リボンだけ手芸屋さんで♪)
ざっと1時間くらいのことだったけど、とても中身の濃い、恋する少女モード全開の時間だった☆

14日まで時間がないけど、絶対作って真季さんを驚かせちゃうもんね!
DATE: CATEGORY:水の裏側
来たる2008年2月14日、「オペレーション・バレンタイン」を成功させる為に考案された「S作戦」が今、静かに始動する・・・


2008.2.2.Sat


今日、お昼ゴハンを買いにコンビニに行ったら、いつもとは見慣れないものが店頭に並んでいた・・・バレンタインチョコ。
ふと思えばもう2月。「ああ、そんな時期なんだ・・・」
そういえば、この前真季さんに会った時もそんなことを話していたっけ。真季さんは私にチョコをあげる気満々だったw
嬉しい☆ そういう想い一つ一つが私にとってかけがえなのないもの。

そういう私は、今年はバレンタインには参加しないつもりだった。お料理とか出来ないし・・・
私はこの一年を、女としてもう一歩前進するための、修行の一年だと考えている。
女性服やお肌のケア、メイクを取り入れたりして、私としての女らしさをもっと上乗せしたいと思ってる・・・
バレンタインにチョコを渡すなら、私は絶対に想いの詰まった手作りチョコだと考える辺りが、何とも私らしいw
今年はお料理の勉強をちょこちょこしながら、来年のバレンタインには、手作りのチョコを好きな人にでもあげて・・・そんなことを考えてた。
真季さんにも、そんなようなことは話していたし。

でも、突然な勢いで真季さんと付き合うようになり、真季さんが私にチョコをくれるというなら、私だけ貰うのは何だかズルイ。

ということで、来年に回す予定だった「オペレーション・バレンタイン」を一年前倒しで敢行することに!

名付けて、「S作戦!!」

あ、「S」はサプライズって意味ですww
真季さんにこのことは話してないです。当日まで真季さんには内緒の話☆
だからサプライズwww

ただ・・・、何とも時間が無い(汗
仕事がお休みの日は全部真季さんと逢う予定だし、そうなると、仕事が終わった後で買い出しに出掛け、夜な夜なチョコレート作りの練習に励むしかない。

とりあえず、手始めに買い出しに行きます。でも何だか一人じゃ恥ずかしくて行けなくて・・・(汗
お店のレジっ娘にお願いして一緒に行ってもらうことになりました☆

チョコレート作り、うまく出来るか心配だけど、頑張って成功させたいな・・・
DATE: CATEGORY:水の日常
はへ、なんとか明日の準備も終わりましたね。
ようやくこれから身だしなみの処理が出来るってもんですw

明日は仕事の日よりも早い7時起きだから、あまり夜更かしはしたくないのですが・・・
明日もきっと情事があるでしょうし(むしろ期待w)せめてワキだけでも何とかしたいところです(汗


はへ、明日は大好評(w)水の裏側を大公開です♪
DATE: CATEGORY:水の想い
はへ、昨夜も真季さん家にお泊りしてきました☆

当初は娘ちゃんが大人になって独り立ちしていった後で、真季さんと一緒になれたら・・・なんて考えていました。
一体いつになる話やら(汗
少なくとも4、5年は後の話でしょう。ヘタすりゃ10年は先。
何だか長くなりそうな夢を見ていました。

でも、ここ2、3日はその考えも少し変わり、真季さんと娘ちゃんと三人で暮らせは出来ないか? なんて考えています。
待てない性格なんですね、欲張りだしw

私の考えが変わったのには、確かに待てない上に欲張りな性格なのもありますが、何より娘ちゃんのことを考えた上での考察。

7日の夜に真季さん家に泊まりに行った感想は・・・二人だけの時間、二人だけの空間、そんな感じでしょうか。
二人だけで過ごしている時間は何だかとても微笑ましいものがあります。
二人はいつも一緒。付きっきりで勉強を見てあげたり、お風呂の時も、寝る時も一緒。
きっと娘ちゃんは寂しい思いはしてないと思います。
お父さんの愛情たっぷりだし、お母さんもよく顔を出してくれてるようですし。
でも何故か、何処か寂しさを感じてしまいます。 二人だけしかいない、というところに、何故かね・・・

娘ちゃんにはもっと日々の暮らしを楽しく過ごしてもらいたい。もっと幸せを感じてもらいたい。

真季さんと娘ちゃん、そのどちらも欠けてはダメ。
私はその為の最善のカタチを模索してる。
真季さんは勿論のことだけど、娘ちゃんにとって最善のカタチが三人で暮らすことであれば良いな・・・なんて思うだけ。
なんて都合の良い発想だw

娘ちゃんとは、もっと仲良くなれたらと思う。
時に良き友達として、時に良き姉として、私もそんな真季さんの家族の一人になりたいと思うのです...

ちなみに前回の真季さんとの情事は2勝3敗で私の負け。
でも今回は私が3敗に対して真季さんが泣きのKO負けwww
私の勝ちかな☆
DATE: CATEGORY:水の想い
7日の夜、真季さんの家に泊まりに行きました☆
仕事が終わった後、一度家に帰って支度して、電車に揺られながら2時間ほど、真季さんと約1週間振りの再会♪
真季さんと一夜を明かすのは初めてのこと、すごく楽しみにしてたww

でも、心配だったのは真季さんの娘さんのこと。
私のことを真季さんから聞いているらしいし、もちろん、真季さんとどんな関係なのかも・・・

私の母は、私達家族と不倫相手を天秤に掛け、私達は捨てられた。
父は、私達姉弟と新しい女を天秤に掛け、私達は捨てられた・・・
親が離婚したのは私がまだ4才になる前の話。
正直言って、私は当時の事なんて殆ど記憶にない。母のことはその顔すら覚えがないぐらいだ。
子供の頃は、親が離婚したなんて考えてなかった。というか、「どうして母親がいないのか?」と、疑問に思うことすらなかったのだ。あの頃の私は、今振り返っても可笑しなぐらい頭が悪かったのかもしれない。
でも、物心が付いてきて、私は次第に現実を知る。親は離婚したのだと。不思議と死別したなんて発想はなかった。初めから何処か分かっていたのかも。

あんな親にはなるまいと、私は親の背中をろくに見ることもなく、そう誓っていた。
「誰か」への愛が犠牲となって成り立つ愛なんて認めない。そんなの私は許さない。

でも・・・・、今の私はどうだろうか? そんな親とそう変わらない状況じゃないか? 本当にビックリするぐらい、気が付いたらこうなっていた。後悔?なんてしてないけどね、後ろめたさみたいのはあるかも・・・

真季さんは娘さんのことをとても愛してる。親子の関係も悪くなさそう。私にはちゃんとその絆が見える。私が心配することはなさそう。
後は私・・・、後は私がちゃんと娘さんのことを想うだけ。
真季さんやパートナーさんの愛情と同じくらい、私が真季さんを愛する想いと同じくらいの想いを以って、娘さんのことを考えてあげなくちゃ。
私自身、娘さんには私と同じ想いをさせたくないしね。

はへ、そんなこんなで、真季さん家に泊まりに行ったのは良かったんだけど、やっぱり家では娘さん優先の時間。
不満に思うわけじゃないけど、むしろ私はどうすれば良いのやら(汗々

やっぱり私ってすごくワガママかも。想いに順番なんて付けられないのね・・・
一緒にお風呂に入って洗いっこしたり、夜通し布団の中で愛し合ったり・・・泊まりに行くって決まって色々なこと考えてたけど、娘さんが居るんだもの、まず娘さんのことを一番に考えないとね・・・

でも、そんな中で驚いたのは寝る時のこと。
私はてっきり一人で寝るつもりだったのに、なんと三人で川の字で寝ることに。
真季さんが気を使ってくれたのね。でも、以前そこに居たのは真季さんのパートナーなんだよね・・・なんか複雑な気持ちだけど、でも嬉しかった。

さすがに娘さんが寝てる前で愛し合うわけにはいかないので(w)布団の中で手を繋いだり、寄り添う程度にしとこうと思ったのに、
真季さんが勘違いして胸触ってきて、私も変な声出ちゃってもぅヤバヤバだったww

翌日はとてもゆったりとした時間。
娘さんが学校に行った後二人で朝食。久々に朝食らしい豪勢な朝食だった☆。
何だか、二人で暮らすようになったらこんな感じなのかな?って思いながら、片時も離れずに1日を過ごした。
と言っても、その内容と言ったら、食ってはヤッて、食ってはヤッての繰り返しだったけど(汗
俯せになって背中を攻められるのも結構良かったなwww

何てことのない、休日を普通に二人で過ごしただけ。
でもどんな些細な事も、真季さんと一緒だと何だか新鮮。そんな一時を何処か愛おしくも思う。


真季さんには娘と過ごす時間があって、私も真季さんと一緒に過ごしたいと思っていて・・・
この二つを上手く掛け合わせていけたら、三人で笑って過ごす暮らしも有り得るのかも・・・・なんて、そんな夢をまた見てる...


はへ、
てことで、今夜も真季さんの家へお泊りですw
娘ちゃんとも徐々に打ち解けていって、いつか三人で笑える日が来る事を願い、期待しながら楽しんできますww
DATE: CATEGORY:今日のお題
「今を善く生きることが過去の清算にはならない」
「罪は裁かれて初めて償える」
なんて事を映姫様が言ってましたっけね、言われたうどんげはとても痛い気持ちだったでしょう。
というか、セリフを読んでいた私の方が何だか痛い気持ちでしたが。
まぁ、わけが分からないかもしれないような話なんか実家に置いといて・・・


最近私の喫煙について良く考える。
あ、別にブログを読んで痛い想いをしたからじゃないです(それもありますが)
元を辿れば私が性転換を決意した時に一度禁煙を試みてはいるんです・・・・今でもバリバリのヘビースモーカーですが(痛っ

とりあえず私の実年齢は置いといて、喫煙歴も10年になりました。長いもんです、○学生の頃から吸っているんですから(汗
喫煙は、ハッキリ言ってなんのメリットもないです。逆にデメリットしかありません。でも当時の私は、そんなこと少しも気にしてはいませんでした。他人の迷惑になるなんて、それこそ考えちゃいなかった。
ちょうど私が自暴自棄になった頃のこと。長生きなんてしたくなかったし、自分の身体を随分と乱暴に扱っていたっけ。
きっかけ自体はとても些細なことだったけど、身体に良くないと分かっていて、「でも自分なんてどうでもいいから」なんて理由から、今に至るわけだけど・・・・

やっぱり性転換をするにあたって、一番邪魔になるのはタバコなんですよね。身体に毒だし、成長の阻害にもなるし、経済的負担もバカにならないし・・・
何より、私が性転換を決意するきっかけとなったタマキさんが、大のタバコ嫌いだったから、やめたいと思ったな・・・まぁ結果はやめられなかったわけだけど(汗
それでも節煙は出来た。

そして今、もう一度禁煙を考えさせられる時期なのかも。
会ってみたい人がいるんですよ、是非ね・・・
でもその人は大のタバコ嫌いで・・・会ってみたいって思っていただけに、それを聞いた時は痛かったな・・・・

それに私には今、大切な人がいます。
二人して、「いつか一緒に暮らせればね」なんて夢を見ています。
私はいつも、「もしも」とか、先の事を想像する時、必ずその最後までイメージします。小説なんかを書く時も、全体のイメージを掴んでから最後をどうするか、何パターンか考えたうえで、話を作ります。

私と真季さんが一緒になった、その先は・・・?
やっぱり死別するまででしょう?
年齢的にいったら、明らかに真季さんの方が先に逝ってしまんだろうなぁ〜・・・なんか残されるのは寂しいなぁ〜・・・

でもひょっとしたら、○学生の頃からタバコを吸い続けた私ですから、癌にでもなってしまって手早く逝ってしまうかもしれません。 真季さんを残して先に逝ってしまうのも、なんかヤだな・・・

自暴自棄になって、長生きなんてしたくないから、自分なんてどうでもいいから・・・そんなことを考えながら、自分の寿命を縮めるような真似をしてきた結果がこれか。いつだって後悔は先に立つもんじゃない、正にね。


てことで、現在更なる節煙を実施中。これが上手くいけば、タバコなんて必要無くなる。
真季さんともっと一緒にいたいもの。1分でも1秒でも永くね。さきさんとも是非お会いしたいし。

まだ変われる気がする。
もっと変われるはずだと思える。
頑張らなくちゃ。もっと人生楽しみたいもの。
DATE: CATEGORY:微エロ
昨日は真季さんとお逢いしました☆ 実に一週間振り。長かったぁ〜w
こうして逢うのはまだ2回目だというのに、私達はすっかりラブラブモードww 恋人気分で手を繋いだり、腕を組んで歩いたり・・・・

昨日は本当なら予定が潰れて逢えなかったのに、真季さんが時間を作ってくれた。時間は僅かしかなかったけど、一緒にいられるだけでやっぱり嬉しい☆
それでも当初の予定では17時だったのに、実際には15時前には逢えたww 真季さん頑張ってくれてありがとう☆
一緒にいられるのは大体6時間ぐらい。たっぷりあるようで、絶対にあっという間だと思っていたから、昼食もお話もそこそこに、とっととベッドインwww お話は布団の中でしながらでね?


私は、真季さんにとても愛されていると感じる。特にそうやって布団の中で抱き締められたり、キスされたりしてる時に、その想いが肌を通して伝わってくるよう。
言葉だけじゃなく、愛されてるって、身体で感じたい。だから私が特別エッチなわけじゃないですからね!

この一週間、取り分け長いと感じたり、早く逢いたいと思っていたのは、もう一度愛されているんだって、確かめたかったからなのかもしれない。 そして、私も真季さんのことを愛してるんだって、確かめたかったのかも・・・・
前回が初対面であんなことに(w)なっちゃって、「場の勢い」みたいなものは確かにあったんだと思う。
二人して互いのことが気になっていて、そして逢ってみて、一緒に過ごしてる内に、互いにこの想いは本物なんだって感じたみたい。
だから、私達は愛し合っているだって、早くもう一度確かめたかったのかもしれない。

時間は少なかったけど、その中身は前回よりもかなりアツイ内容w
私は前回が初めてだったから、あの時は完全に私がネコ役。ヤラレっぱなしだったw
すごく良かったw 愛されているんだって、いっぱい感じられたし☆
でも・・・私だって真季さんのこと、好きなんだよ? 愛してるんだよ? その想いは真季さんにどれだけ伝わっただろうか・・・

だから今度逢う時は、私が真季さんのことをいっぱい愛してあげようと思っていた。つまり昨日w
前回で私がしてもらったことを思い出しながら、胸を触って弄って・・・
乳首を舐めたり噛んだり(甘噛み?)、吸ったりして・・・真季さんも結構敏感www

それに昨日は他の場所も開発されだして・・・当然私も同じ場所を攻めてみてw 激しい攻防戦にww

前回の勝敗が2対8で私の負けとしたら、昨日は4対6で・・・・やっぱり私の負けかな? 結局私が返り討ちにあってヤラレちゃったって感じかな★

真季さんは、私に愛されてるんだって、肌で感じてもらえたかなぁ?

真季さんが家路に着いた後も電話していて、最後に「何か言いたそうw 何?」て聞いてきたから、「愛してる☆」て言った。
今まで恥ずかしくて「好き」とか「愛してる」って言えなかったけど、これからはもっと言葉にしたり、触れ合ってそれを感じてもらいたい・・・
想い合っているんだもの、私だけ愛されてばっかりじゃなくて、真季さんにも、もっと私の想いを感じてもらいたい・・・


今度は初のお泊り♪
夜通し&24時間耐久で愛し合いたいな☆
DATE: CATEGORY:過去、そして現在
あう・・・・orz またパソコンが壊れてしまいました(泣
今まで騙し騙し叩き起こしてきましたが、どうやら限界のようです・・・川を渡って逝きやがりました。
まぁ、とりあえずそんなことは実家にでも置いといて・・・・


先日はとても感情の変化が激しかったです。
真季さんとメールしていて、所々の理由から今度逢える日が潰れることに・・・・・ガックリorz
仕方がないのは分かってる。私だって決めたことだもの。
分かってる・・・ハズなのに・・・(泣
私は途端にダメになりそうだった。仕事の真っ最中だというのに。
さらに、次の日も危ういと・・・(泣
ますますダメになりそうだった。

こんな時に限って仕事は詰まる。メールのやり取りも遅延になって・・・余計に焦るし、気落ちした。
ハッキリ言って仕事どころじゃない。ホントに久しぶりなくらいにイライラしちゃった。

さらにその次に逢える日は・・・・・10日以上も先の話orz
待てない・・・寂しい・・・今すぐ逢いたい・・・
じわじわと涙ぐんできて、ベソかきながら仕事してた。


はへ、私はいつからこんなに弱くなったんだろう? 昔はこんなんじゃなかったのに。
昔の私はといえば、一言で言うなら人形だった。というか、死んでいた。つい去年ぐらいまでの話だろうか。

中学生の頃、私は自分のどうしようもないほどの不甲斐無さを悔やんでいた。許せないでいた。
「なんで? どうして?」と、終わったものをいつまでも引きずっていた。
後ろばかり見てる私に、前を見る余裕なんてあるはずもなかった。
今なんてどうでもいい・・・これからなんてどうでもいい・・・・私が見つめる先はいつも過去だった。
でも・・・、終わってしまったことを悔やんでも、もうどうにもならないわけで・・・
私はその、どうにもならない想いを抱えて、それでも歩いてきたけど、私はあの時、心を置いてきてしまったのかもしれない。
「嫌だ! 離れたくない! ここに居る!」
夢も、希望も見出だせない・・・それでも歩いて行こうとする私に、心はそう叫んだ。
自分が生きているということの意味を見出だせず、自分がこの世に存在する価値も見出だせず・・・・
「いっそ死んでしまえば・・・」、そんなことを考えたのも一度や二度じゃ済まない。でも、自ら死を選ぶことも出来なくて・・・・
結局それでも生きて行くということが、死ぬことなんかよりもよっぽど辛いということを知る。

そんな私が今まで生き抜くのに必要だったこと、それは感覚を無くすことだった。
辛いと思っても、辛いと感じない・・・そういう、どこか人として欠けている「欠如」が必要だったのかもしれない。
「欠如」を持った私はほぼ無敵に近かった。何事においてもドライな感覚。 何も感じないということが、こんなにも楽なものだとは思わなかった。
辛いと思っても、辛いと思うだけ。その思いは決して私の心ままでは届かない。最強の「鎧」だった。

けれども、私はどこかで感じていたのかもしれない。
そんな生き方こそが無意味な人生に等しい。生きながらに死んでいるようなものだと。
一瞬の気の迷いが隙を生んだのかもしれない。
辛い、哀しい、寂しい・・・そんな思いが私の心に着実にダメージを与えていた結果だったのかもしれない。塵も積もればか・・・・
間違っていると思ってはいても、そうでもしなければ今の私は居なかった。結果論じゃあるけど。
結局私の鎧はまやかしだった。分かっちゃいたけど。


はへ、そんな私が女として目覚めてからは、自分の内なる想いとの葛藤だった。
女になりたい、その想いばかりが膨らみ、周囲との差に歯痒い思いばかりしてた。
どんなに辛くても、私はこの想い一つを武器に戦っていかなければならないのに、何だか私はとってもヤラレやすい。
今まで私は強いと思っていた。今の私の想いが本物なら、この想いに素直に従っていくだけだと。
単純明解、なおかつドライに割り切っていけると思ってた。
でも、私の心は自分で思っていたのとは裏腹に、随分とヤワイ。
答えは簡単だった。今の私には鎧がないから。
まやかしとはいえ、鎧を纏った私は無敵だったというのに、ハリボテのソレを取っ払ってみれば、そんなものだった。

はひ、そういう現在の私はといえば、以前ほどの焦りや気負いはないです。逆に飾らない素直な自分を出せるようになって、かえって周りとの雰囲気は良好気味になりました。
・・・もっとも、ドライだった私は今まで他人と深く関わろうとしなかった為、これまでに空けてきた溝を埋めるのが大変だけど(汗
何より、この歳になって「愛される」ということを知ってしまった私は、今更になってとっても甘えたいお年頃。そして寂しがり屋。
だからこそ、次に逢う日が潰れてしまった時はすごく寂しかったわけですけど・・・・

なんと、潰れたと思っていた日に、真季さんが時間を割いてくれたんです。
・・・やっぱり、また甘える形になっちゃった・・・
ホントは素直に喜んじゃいけないんだけど・・・・でもやっぱり嬉しい・・・

はへ、日付が変わっちゃいましたね。実は2回もw
てことで、本日真季さんとデートですwww
時間は僅かしかないけど、逢えるだけでやっぱり嬉しい。
せっかく真季さんが作ってくれた機会だもの、思いっ切り甘えて、いっぱい愛してもらおうと思いますwww

copyright © 2017 水になる想い・・・Extra all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。