FC2ブログ

プロフィール

mizu

Author:mizu
初めまして、そうでない方はこんにちわ。MIZUです。
暖かな日だまりに華の香る息吹、春はやる気に満ちる時期なんだそうですね。でも逆に削がれちゃう人も少なくないみたいです。
いくらコケようがいくら刺されようが、
生きてさえいれば、
春はきっともう一度やってくる。


東方かうんたぁ~


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


東方かうんたぁ~

現在の閲覧者数:

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:水の日常
いやぁー、寒いね!

バカじゃないの?
て言いたいぐらいに。



しかも雨?!



雨とか?!



なんて事もさて置きましてー。

先日バイトの店長にもっと仕事を増やせないか聞いたのよ。

ぶっちゃけ現在のペースじゃ完全に赤字なもんで。
こりゃあもうディナーの出勤も辞さない勢いなのです。


まぁさっさと就職でもしてドカッと腰を落ち着けてしまえば早い話なんですけどもー。
今はまだやめたくないと言いますか、やめたくない理由があるとか無いとか言いますか。

まぁ結論から言いますと、ディナー入るにしてもせいぜい4月からの話しだと。
勤務時間を延ばすにももう少し仕事を完璧にこなせるようにならないと無理だと。

まぁまぁ何と妥当な意見と言いますか。そう言われちゃ私は反論の余地もないみたいな。




「そんなに入りたいなら今度の日曜とかどう?」



はぁ。。。。。。日曜っすか。そういう意味で言ったわけではないのですけど。
土曜も祝日も出勤で、日曜までとなると私はいつ休んだらいいのかと。
というか、日曜までお仕事したら真季さんとゆっくり出来る日がないんだけど。

迷う。

迷うなぁ~。



「その日のメンバーって?」



根岸さんがいるなら二つ返事でOKなんだけど。



「メンバーで決めるなw 仕事だから!」



えぇ~ーーーー。

そうだけどさー。そうなんだけどさー。それを言ったら元も子もないじゃんかー。

迷う。思いっくそ迷うわぁ~。

でもまぁ背に腹は変えられないと言いますか、今度きりぐらいなら良いかと思ってOKしました。
というかね、日曜のランチは大体根岸さんがいること知ってたの。一種五分五分の賭けではあったけどね。

案の定、今度の日曜は根岸さんもランチ出勤で、「してっやたり!」だったんけども。
今日バイトの帰り際に意気揚々とシフトを確認してみたら



「○×△◆#%?!”」



根岸さんがいないーーーー?!

ていうかディナーと交代してるし!!



マジでー?! マジなのー?!


そんなオチってアリー?!


何これいじめ?!


ひょっとしてまた店長に謀られた?! 私見事にまた釣られちゃった?!


というか・・・・・・


私見事に避けられたー?!



あ~~イタイorz

もしホントにそうだったらマジでくじけるわぁー。


せっかくね。土曜と日曜で趣向の違うコーディネート考えたのにー。

パターン①:ユニセックスなスタイルでクールに。
        トップスは黒のニットにボーダーシャツの組み合わせ。これ
        にドット柄のフード・ワンピを前開きのチャックを全開で上着
        ように。
        ボトムはスキニーのジーンズにミドルのブーツ。チェックのミ
        ニスカをサロンのような雰囲気で。
        ブーツのヒールもあってかなりスラリとしたシルエット。イメー
        ジとしてはレズビアンの「タチ」のような装い(偏見)。
        ボーイッシュな雰囲気の中に何処か女っぽさが見え隠れす
        る一種究極のユニスタイル(Ver MIZUKI)
        ジーンズの上からミニスカを履いて腰周りを強化するのがポ
        イント。

パターン②:年甲斐も無く甘々の可愛らしさ全開スタイル。
        キャミワンピとシャツワンピのコーデに白のニットでモノトーン
        な組合わせに。
        背丈的に足らないワンピの丈を黒のスカートで更にレイヤー
        にして。ハイソで生足アピール。寒けりゃボトムはブーツカッ
        トのジーンズでもOK。
        言葉なんて要らない王道甘系スタイル(Ver MIZUKI)。
        腰周りにレイヤーを効かせてフレアな感じに仕上げるのが
        ポイント。

ご要望でもあれば写真でもアップしますか。(ちょっとめんどくさい)
バイトお休みの間にあれこれ考えて、テスト飛行もしたっていうのに、そんなオチですかorz
日曜、意味ないなぁー。まぁちょっとでも稼げると思えば良いか?

でも実はね、月曜にチャンスがあったりする。
その日の私の仕事上がりが16時。根岸さんの仕事入りが18時。


つまり?


私が仕事終わった後にちょっと控え室で新メニューのお勉強でもしてれば?


バッタリ遭遇みたいな?


まぁね。いつもは仕事で一緒になるんだけど、勤務中はお喋りするヒマなんてないしさ。控え室で一緒になるのがちょっと楽しみなんだよね。


まぁ?


何もないと思いますけどね?


変に期待に胸膨らませるだけ損と言いますかorz

       
DATE: CATEGORY:水の想い
人を好きになるって恐い。



人を好きになるって、とても素敵なことだと思う。

でも私は誰かを好きになるのが恐い。



私は今まで大した恋愛経験をしていない。
そのほとんどが片思いで、ロクな告白すらしたこともない。

誰かに好かれたこともない。

だから私は、誰かを好きになるのが恐くなった。
自分が傷つくのが恐くて。
いつの間にか恋をすることに臆病になってた。



誰かを好きになるということは、とても自分が輝く瞬間かもしれない。

でもその輝きが増せば増すほど、同時に陰りも深くなるのかもしれない。



想いを伝えるのは恐い。



でも同時に私は、想いを伝えられないことの辛さも知ってる。

いつでも伝えられると思っていた。

傷つくのが恐くて、あと一歩が踏み出せないまま。

その時は何の前触れもなく、突然に、幕引きを向かえる。

その時、この時、この瞬間が常に儚く、尊いものだと知る。



伝えられたはずの想い。



伝えられるはずだった想い。



虚空をさ迷う想いはどこに行けばいいというのか。




想いは・・・・・・




誰かを想い、何かを願うのならば、それこそ想いは想うだけでは何の意味もなさない。

そう思って、私は過去に告白もした。



彼氏がいると分かってて、それでも尚伝えずにはいられなかった男の子だった私。



自分がGIDだということを告白し、それでも好きだと打ち明けた女の子一年生だった私。



想いを伝えるのは恐い。

傷つくのは痛い。

でもそれ以上に、伝えるこすら出来なかったことに後悔する。



言葉にしても伝わない想いがあるというのに、伝えないのは何処かズルイと思った。



伝えることすら出来なかった想いは、心にしこりとなって、長く自分を苦しめるかもしれない。

それは心の癌。



どんな想いにも、けじめはつけなければいけない。



想いを伝えるのは恐い。



でもこの想いが偽りでないのなら、



何かを願う想いがあるのなら、



恐くても、それでも前へ。



DATE: CATEGORY:水の日常
みんな朝のめざましテレビのカウントダウンって見てる?
あの星座占いの。

私はさ、一応毎日チェックしてるのね。
そりゃもう結果が良かったり悪かったりでくだらなくも一喜一憂してるわけですけどもー。

ぶっちゃけ占いなんてこれっぽっちも信じてないわけ。

あと手相とか。

前世とか。

UFOとか宇宙人とかチュパカブラとか。



まぁね?宇宙人は信じても良いよ?
だだっ広いこの宇宙で自分達だけが知的生命体だとか、地球と同じか酷似した環境でなければ生命は誕生しないだとかなんて言う奴は真に器の小さい奢りなわけ。

ただテレビなんかでやってる宇宙人ネタはどうにも胡散臭いと言いますか思いっくそ本題から話し逸れたと言いますかー。



でね?
今日の私の運勢はと言いますとー。

「片思いの人と二人っきりになれるチャンス到来♪」

なんてほざいてたわけですよ。






別にね?

それが理由だからってわけでもないんだけど?

今日はバイトの日じゃないんだけどお店に行ってきたわけ。



何しにって・・・・・・






新メニューのお勉強にちょっとね?



別に?



何も期待してませんけど?



案の定、誰かが居るわけでもなくてー。

ロクでもないサボり魔のただっちが店長いないのをいいことに休憩室をチョロチョロと出入りする程度でしてー。

何かもうテンション急降下のナントカ川に緊急不時着して変な賞もらっちゃいましたー的な。



ていうか別に?



そもそも片思いなんてしないし?






なんて言ってる自分が無性に空しいorz


DATE: CATEGORY:水の日常
あぁ~~・・・禁煙したい。

そんな春の目覚めを未だ微塵も感じられない2009年。



この言葉を何度口にしたことか。

最長記録は2日とか。



最長っていうか全然長くないし!



いやね、最近マジで禁煙したいの。

そりゃあもうバリバリでSRSする気満々だし?

ホルモン作用の阻害にもなってるだろうし?

タバコ吸う女ってなんか男から敬遠されそうだし?
(これが一番の本音くさい)



兎にも角にもやめるのが一番なんだけどもー。

やめると思い立って簡単にやめられるものなら警察なんぞ要らんと言いますかー。



私はね、中毒症状とか何とか難しい事は知りませんけども~。
呼吸をするのと変わらない感覚なのよ。
朝に起きて夜に寝るのと同じくらい自然なわけ。
日常、引いては生活の一分に等しいと言っても過言じゃないわけ。



私考えた。タバコをやめるには?



タバコを吸わないこと。
(当たり前)



そうじゃなくて。



タバコをやめられないのは、タバコを口にくわえ、火を付け、吸うという行為が日常の習慣と化しているからだと勝手に思い込んでみる。



習慣化を無くすには断絶しかない。

でも吸わないとイライラしてくる。

でも吸わない。耐える。ひたすらに。何かでごまかしたり。



ただねぇー。



理論は簡単だけども実践はそう簡単なことじゃなくて。

私は我慢出来ずに買いに走ったよ。ソッコーで。

何と言いますか。

我慢しなきゃならんわけですけども、ストレスを感じ時のタバコ吸いたい衝動ったら凄まじいもんでして。

日頃から穏やかな環境が必要だとつくづく思いましたよ。



とはいえマジでそんな悠長なこと言ってる場合かみたいな勢いで。

志し半ばで肺ガンでポックリ召されちゃったりしたらマジで笑えないわけで。



禁煙します。



しますよ。マジで。



何て宣言しといて思いっくそ不安ですけど。



DATE: CATEGORY:水の日常
ありがとうございます。
お蔭様でブログも4000カウントです。



イェーーイ♪(パフパフ)



でも何と言いますか。



何とも地味と言いますか。



超ローカルと言いますか。



別に人気No1ブログを目指してないわけでもなくもないです。



何てことはさて置きましてー。


土曜日はバイトでした。んもぅいつも通りに。

で、土曜日のバイトと言ったらNさん(恥ずかしくなって今さら伏せてみる)とお仕事出来るんですけども~。

いつの間にか土曜日のバイトが楽しみになってしまった私がいます。

Nさんと顔を合わすのはチョコを渡して以来。

何とも不安と言いますかドキドキすると言いますかで。



まぁね?



特に何もなかったけどね?






....orz






いやさ、別に何も期待なんてしてなかったよ?

なかったけどさ。少しぐらい何か変化があったって良くない?

まぁそれでガン無視とかだったらマジでヘコむけどー。



私マジで凹む。



私、凸から凹へ。色んな意味で。



ウケるw



でもそうじゃなくて。



はぁ。なんでしょう? この感覚。

何これ? もしかしてこれって恋?



・・・・・・恋?!



そんな。



バカな。



恋なんて~♪ 言わばエゴとエゴのシーソーゲーム♪
(byミスチル)



ざけんな。冗談じゃねぇ。
恋愛をゲームか何かと一緒にすんじゃねぇ。
てめえの尺度で物を語るなすっ込んでろ。
(forミスチル)



恋が~走り出したら~♪ 僕は~止まらない~♪
(by福山)



待って。プリーズ・ストップ。
そこは止まろうよ。止まらなきゃ。
私もあんたも良い大人なんだからさ、そこはもっと大人の節度をもってブレーキ掛けようよ。
(for福山)



でもまぁ何と言いますか。

土曜日のバイトはいつもより気持ち少し良い雰囲気だったような~?



気のせい?



思いっくそ気のせい?



相変わらず私とNさんとの距離は「東京-名古屋」間ぐらいの縁遠さを感じてしまうんですけどもー。



まぁ?



別にどうでもいいんですけど?



ね。

DATE: CATEGORY:水の想い
昨日は珍しくつい鬱っちゃったよ。

ホント、結構落ちた。


いやさ、なんつーの?


奈落の底まで軽く小旅行してきた感じ?


もうね、参ったよ。久々に。



私はさ、あんなこととっくの当に吹っ切れてると思ってたわけ。
でなきゃニューハーフなんてやってられますかと。

でなきゃこの私の強さなんて説明出来ないでしょ?

思えば私がニューハーフになると決意した時、そういうのを分かり切ってた上で、それでも女になるって思ったんだから。

私さ、そんなのもう全部分かり切ってるつもりだったの。私って強い人間だなって。

でも違ってた。
私今まで散々偉そうなこと言ってたけどさ。それって何処か自分に言い聞かせてるような部分があったのかなぁーって。

分かってたつもりだった。
でもそれはあくまでも「つもり」だった。


昨日さ、バイトの主婦さんから「そういえば誰かにチョコあげたの?」とかさ、たまたまお姉ちゃんから電話があって「なんか元気ないね?」とか振られてさ、つい自分の心境を話しちゃったのよ。

もうね、散々言われたよ。色んなこと。
でもね。そのどれもが分かり切っていたことなのよ。
私は言われたこと全部分かってたわけ。
何故ならそれは初めから私の頭の隅に答えというか、一つの結論として用意してあったものだから。
バイトの主婦さんもお姉ちゃんも、私の出した結論をなぞるように私に言い聞かしただけに過ぎない。


そう。


全部分かってたんだよ。そんなこと。


どんな理由があろうと、何も私から自分を否定することなんてないんだってことぐらい。


でもさ、私は否定するしかなかった。

どこか割り切りにも開き直りにも似た感覚で両手広げて認めるわけにはいかなかったんだよ。

そんな自分が許せなかったんだよ。


でもさ、今まで分かってる「つもり」でやってきたことに気付いちゃったからさ。認めるしかないよね。私の本当の想い。



まぁさ、何て言うの?

ただ人を好きになるだけなら自由じゃない?みたいな?

その後の展開なんてさ、その時になって初めて考えたって全然遅くないわけだし。


てかそれ以前に?


私に惚れる男なんて?


全力でいないと思いますけど?



イタイorz


それって痛いよ姉さん。


まぁなんつーの?

まだ直面してもいない事態に頭悩ませたってしょうがないことですし?

今まで通りお気楽にやってけば良いかなぁー、とかさ。



ていうかさ。なんで最近こんな話題ばっかなんだ?とかって思う?


何もね?


誤解の無いように言っておくけど?


私根岸さんのことなんてこれっぽちも何とも思ってないから?


そこだけ勘違いないようよろしくね?

DATE: CATEGORY:水の想い
まかり間違ったって男に恋なんてするもんじゃない。

こと私に関して言えば。


他の人は別に良いんじゃない?
それぞれがそれぞれの想いを以って自由に恋愛をすれば良いと思う。

でも私はそういうわけにはいかない。



私はGIDだから。


MtFだから。


ニューハーフだから。



私にとって男に恋をすることは普通であっても、相手にとってそれは決して普通には映らない。


私が知っているGIDの中には純女、純男と付き合っている人もいる。
でもそれを私に照らし合わせて考えると、それもいつまで続く夢かと感じてしまう。



男は私を愛さない。愛されてはいけない。


私は女の身体を持ち合わせていない。


例えSRSをしようと、100%女の身体など手には入らない。
それでは私は愛しい人の愛情をこの身体で受け止めることなんて出来ないじゃないか。そう感じてしまう。
私が受け止めたいものが、叶わない。受け止め切れない自分が悔しい。



純女でも子供が産めない身体の人はいる。
でも私は女ですらなくて。

そんな私を一体誰が愛してくれるという?
私は男に愛されるということを知らない。


仮に、こんな私でも好きだと言ってくれる人がいるとしたら?

バカなんじゃないのって思う。



この私のことが好きだって?

バカじゃないの?

あんた自分で何言ってるか分かってる?



私は子供を産める身体じゃない。

そもそも女ですらない。



子供なんて産めなくてもいい?

ニューハーフだろうと構わない?



待って。冷静になってもっと良く考えて。

そんな一時の感情に流されないで。

そんなことを言う奴はマジで気がおかしいとしか思えない。

私なんかを好きになるなんて、後で絶対後悔するよ?



私はさ、幸せになりたいよ。
でもさ、私以上に好きになった人には幸せになってもらいたい。
後悔させたくないの。

私が誰かに相応しい人だなんて到底思えないの。


私は愛されたい。


でもどこかで愛されることを拒む私がいる。

そんなんじゃ、私が誰かのことを好きになること自体が虚しくおバカなことに他ならない。


私は愛されるということを知らない。



DATE: CATEGORY:水の日常
とか言いながら、歳を取ることのどこが一体ハッピーなのか、皆目さっぱり分からないMIZUです。

そんな私、本日25歳になりました。



イエェーーイ♪(パフパフ)



有り得ない!

全力で有り得ない!


この私が?!


25歳だって?!


マジで?!


2×歳だって?!
(恥ずかしくなって今さら伏せてみる)



うわぁ~~、無いわぁ~。


ナイナイ。



だって私は永遠の16歳だしぃ(きゃぴ♪)


死にたいorz


そんな私が許せないorz



なんつーかさ。

今まで24歳ならギリギリで許されていたことがさ、2×歳になるともう全部アウトみたいな感じ?

ミニスカ?!

生足?!

2×歳で?!



全っっ然想像出来ない!


2×歳にもなって生足ミニスカなんかでいたら私完全に見世物状態。
私って動物園ヒト科コーナー担当みたいな?!
しかも+ニューハーフなんて希少価値アップみたいな?!

そんなんで街中歩いてたら余裕で補導されそう。


ウケるw


マジで。



なんて冗談もこの辺にして、さてさてどうしたものですか。
いよいよ私も2×歳。男引っ掛けんのにも俄然不利な年齢に突入と言いますか。

私既に限界。

ギリギリ。

崖っぷち。

この一年が正に阻止限界点な様相呈しちゃってるんだけどorz
DATE: CATEGORY:水の想い
バレンタインもあっという間ですね。

私も今年は参加するつもりはなかったんだけど、バイトの女の子達の盛り上がりを前にして、何だか私も参加する気になってしまいました。

やっぱ、一年に一度のイベントですしね。本命の人などいなくてもこんな日ぐらい、ウキウキした気持ちで参加するのだって決して悪くはありません。



・・・・・・で、私は根岸さんに単勝義理チョコを渡したわけですけども。

やっぱ渡した後で色々と不安になりまして・・・


何度も縦横にしたんでチョコがよったりしてないか、

生チョコだし賞味期限は大丈夫だろうかとか、

ちょんと食べてくれただろうかとか、

そんな要らん心配ばかりしてしまうんですよ。


彼ってさ、私の印象だととても無色無温なイメージなのね。
だからさ、チョコを渡した時はああ言ってくれたけど、彼って何とも無色無温な感じがしてしまうから、その内心の心境なんて全く想像出来ないわけ。

いや私も元は普通の男の子だったからさ、バレンタインにチョコ貰えるなんて、よっぽど嫌な奴からでない限りすごく嬉しいと思うんだけど、やっぱ彼はね、私の尺度では何とも測れないのよ。

つーのもさ。私ってほら、ニューハーフじゃない?
私もバイトの中では「水希」の愛称だけどさ、さすがにタイムカードや契約書は本名なのよ。
別に大っぴらにニューハーフだって公表してるわけじゃないからさ、私のことを分かってる人もいれば、「こいつ絶っ対ぇー分かってない!!」ていう人もいるのよ。だって分かってるんだったら私に生理の話題振ったり水着買いに行こうなんて誰が言いますか。

根岸さんはさ、私のこと知ってんのかな・・・

それがとても気になるわけですよ。

知らないんなら別にそれで構わない。でも知ってるとなると・・・俄然不利と言いますか不安と言いますかで。

「うわ~、オカマからチョコなんてマジめんどくせぇー」みたいな勢いでゴミ箱直行便なんてオチだったりしたら私マジでヘコむ。くじける。

ぶっちゃけホワイトデーなんてこれっぽちも期待なんてしとらんのですよ。貰えたらマジで嬉しいですけどー。

たかだか義理。

義理っ中の義理。

キング・オブ・義理。

とは言えね、私これでもかってほどニューハーフですから、やっぱ義理とはいえ普通のことじゃないんですよね。それがとても不安になるのです。

今度根岸さんと顔を合わす時、どのツラ下げて会えば良いのかと。
まぁお互い仕事ですから、普通に挨拶するだけなんですけど。何も変わるものなんてありゃしません。



何?

今日はやけに弱気?

たまにはさorz
DATE: CATEGORY:水の日常
ってことで、前回の続き。

前回と違って今回は彼の仕事上がりを狙って渡しに行くの。だから前回のような余計な気苦労はない。
彼が仕事を上がるよりも前に先に控え室でスタンバッておけば100%渡せるわけ。

失敗なんてまぁ有り得ない。

この日の彼の仕事上がりは18時だから、娘ちゃんを塾に送るのも踏まえて16時頃からせっせと支度をしだす。


そんな本日の私の服装は・・・前回とは打って変わって大人の女性を演出。

前にも記事に書いた黒の胸開きジャージードレスに、インナーに白のキャミワンピ。それに合うコートを真季さんからまとめて接収。
自前はタイツとローファーのみ。

実はこの胸開きドレスってとっても危ない。
しっかりと服装を整えないと胸元のキャミのレース部からブラがチラリとこんにちわ。

いや?

むしろ敢えてそれ狙い?
(どんだけ見せたがり?)

アクセサリーもお気に入りのイヤリングに小さいクロスが2コ付いたネックレス、真季さんから貰った指輪もちゃっかり右手の薬指に差し替えて。

メイクだっていつものダイジェスト・メイクとはわけが違う。出来うる限りのフルメイク。

ちょっとこれ以上の私はそうそうないぐらいの勢い。


・・・・・・

一体何をそんなに気合い入ってんだか?

いや?

至って普通のつもり。

むしろいつも通り?

時間に追われてなきゃいつもこんなもんさ。

~以下12日のダイジェスト~



とか何とか思っていたら、時計見たら17時30分を指してた。



うわっ!ヤバ(汗

いくら何でもメイクに時間かけすぎた。
そんなメイクもほぼ完ぺきに終了。
あとはヘアセットをしたかったけど、いい加減時間が無い。

万が一18時に間に合わなかったら、根岸さんはとっとと帰ってしまうかもしれない。

私は急いで家を出た。
車のアクセルをいつもより深く踏んで、何かをごまかすようにカーステレオのボリュームがいつもより気持ち大きい。


お店に入った時は息を切らしてた。



「○○さん、何でいるんですかぁ~?」



女子高生のバイトの子が不思議そうに聞いてきた。



「ちょっと新メニューのお勉強にね。」



さらりと私はそう答えた。
これが今日私がお店に出向くための名目。

さりげなくいつものようにシフトを確認する。

根岸さんは・・・・・・



「!?」



18時まで伸びているラインのはずが、17時-18時の部分が▲に塗り潰されている。

これは・・・カットの意味。根岸さんは17時で仕事を上がっている。

時刻はすでに17時45分。



ウソだろ!?



冗談じゃない!



ジョークにしたって笑えない。

私は急いで控室に向かった。

「ガチャ」

控室に根岸さんの姿はなかった。

居たのは女子高生のコミャーと、あと更衣室に誰か・・・



「ねえ、更衣室って今誰が入ってる?」



私は更衣室には聞こえないよう、ヒソヒソ声でコミャーに聞いた。



「モッちゃんですよ。」



ハイ不正解。



「根岸さんてもう帰っちゃった?」



思わずコミャーに聞く。



「まだ帰ってはないですけど、なんか外に出ちゃってますよ。ケータイあるし。」






そう聞いて私は安堵した。心底。

何が私をそこまでさせるのか?

まかり間違ったってコイツは義理。義理中の義理だっていうのに。


気を取り直して新メニューのビデオを流しながらマニュアルをパラパラとめくる。
名目上、むしろこっちを本命とすべき。

しばらくして根岸さんが戻ってきた。

着替えるでもなく、すぐに帰る様子ではなさそう。


やがて18時になり、コミャーとモッちゃんが仕事に入り、控室には私と根岸さんだけになる。

根岸さんも何やらゴソゴソとしだす。

そろそろ着替えるか?



「さぁて、そろそろ帰ろうかな。」



更衣室に入られる前に先手を打つ。

帰り支度をとカバンをゴソゴソと。



「あ・・・」



さりげなく気付いたフリして。



「根岸さん、これ。」



そう言って私はぶっきらぼうにチョコを差し出した。



「あ、ありがとうございます。こんな高そうなものを。」



「・・・です。」



と言っても義理ですけど。
そう言おうとしたはずの口が言葉にはならなかった。


何故?


まともに目を合わすことも出来ず、彼の応対にどう答えたら良いのか思考すら出来なかった。



「じゃあ、お疲れ様。」



何事もなかったかのようにそう言って私はその場を後にした。


ただチョコを渡しただけ。


なんて事ない。


でも・・・


こんなの私じゃない。私らしくない。

いつものフランクな水希さんは何処に行ったというのか?


たかだか義理チョコ渡すぐらいのことがどうしてこうも自然に出来ない?

訳が分からないことばかりではあるけど、とりあえずチョコを渡すことが出来ただけでも良しとするか?

私にしては上出来の結果だろうか?

そういうことにしとこうか。



私、何してるんだろ。

たかだか義理チョコ一つ渡すために朝から着るものに悩み、
一時間以上もかけてメイクして。
目一杯のオシャレして。

たかだか一分とないワンアクションのために、何が私をそこまでさせるというのか。



・・・知ったことか。

ただこういうのは慣れない。

それだけ。


DATE: CATEGORY:水の日常
本日の昼食はヤキソバ。

賞味期限もいい加減にヤバヤバの中途半端に残っていたヤキソバ一食分を食べることに。
でも何故かヤキソバ一食分に対し、添え付けソースが二つ・・・

・・・なぜ余る?

真季さんや娘ちゃんと食べるならタマネギに人参・ピーマンと具沢山にするんだけど、私が私による私のためだけのヤキソバの具は豚肉のみ。オンリー豚肉。贅沢に50㌘も使ってやったぜ!

なんせ私、肉食動物のヒト科ヒトですから。

野菜なんて・・・・・・野菜なんて!



とかいう日常の一幕なんてさて置き。

先日は祝日。この日も私はバイトでした。
普段は平日もロクに入れてくれないのに、こういう祝日に至ってはすかさずなのね。
私初めに祝日と日曜はバイト休みでって言わなかったっけ?
店長ってばどんだけしたたかなのよ。

ま、良いんだけどね。最近は土曜祝日のバイトって結構好きだから。
やっぱ休日となるとさ、ランチのメンバーも若い子でひしめくのよ。
私的にも主婦層よりこちらの方が波長が合う。
これに店長が居ないとなればもはやそこは南国のパラダイス!地上最後の楽園(エデン)にも等しい!

毎週出てる土曜もね、最近根岸さんと一緒になることが多いの。
まぁさ。忙しくて楽しくお喋りなんてしてるヒマないんですけど。
相変わらず私と根岸さんとの距離は「東京-大阪」間ぐらいの縁遠さを感じてしまうんですけれども。



で、要は昨日も仕事は根岸さんと一緒だったわけですよ。それはもう分かってたわけ。

私すごく悩んだのよ。 チョコ渡そうか。

私前からシフト表見て考えてたの。14日までに私と根岸さんが一緒になるのは昨日しかなかったわけ。
これを除くとなると、15日出勤の根岸さんにお店まで行って渡そうかなと。

ちょっと早いバレンタインか、ちょっと遅いバレンタインか・・・・この違いはとっても重要。

私なんだかとっても気が重い・・・

自分でもなんでこんなに気が滅入るのか。

たかが義理。所詮ギリだよ義理ギリ。

これでもかってぐらい思いっくそ義理。

でもこういう感覚はいくつになっても慣れる気がしないとつくづく思うよ。
私はこんな感覚など早く解放してしまおうと、昨日渡すことにしたの。

ただ問題は、渡すタイミングがあるかどうかってこと。
私と根岸君は入り時間も上がり時間も微妙にずれているから。
私が先に仕事に入ってしまうから、根岸さんが入る前を狙うのは無理。
仕事中に渡すなんて絶対無理。
私が上がった後。根岸さんが休憩に入るか、すぐ上がりなら少し待とうかとか?
頭ぐわんぐわん言わせながら考えあぐねた。

この日の私の服装はいつもより少しアクセントを利かせて。
黒のチュニックにオプションのコサージュを付けて。上着にデニムの6分丈ジャケット。
下は赤のタータンチェックのミニスカ。その下に真季さんから接収した黒のガードル。これにハイソとローファーで。
短めのスカートに少しレースの入ったガードルを「敢えての」見せで。スパッツの変わりで機転を利かしたアイデア。

水希初めてのガードル。思った以上にお腹苦しぃ~・・・
というか、随分と無理した格好。
年齢に見合わない程の若作り。明らかに春を先取りをし過ぎて寒いしわで。

・・・なんでこんな気合入ってんだ?

自分でツッコミたくなる。

別に?

特別なことなんて何もない。

ただバレンタインだからチョコあげようかなーと。

義理も義理。

百歩譲ったってこいつは義理。

ていうかむしろ?

気合なんて入ってないし?

いつも通りだよ?

今日は渡せるかどうかも怪しいし。渡すタイミングがあるなら渡そうかなと、要は保険みたいなもの。



いつも通り出勤して、さりげなくシフトを見て・・・・・・愕然。

無理。

どう足掻いったって無理。

根岸さんの上がりは私が上がった3時間も後の話し。休憩もない。

とりあえずチョコを冷蔵庫に。なんせこいつってば生チョコなもんで。
料理に使う食材が入ってる冷蔵庫の、僅かに空白となっているスペースに申し訳なさ程度に置く。

仕事中も気になってしょうがない。
誰かがその冷蔵庫に近づく度に私のセンサーが敏感に反応する。
間違っても根岸さんにだけは見られたらマズイ。。。

結局、私は仕事を上がってから遅い昼食を食べたり女の子と喋ったりで、2時間も控え室で粘ったあげく、お家に帰った。

初めから分かってた。今日はあくまでもタイミングがあったら渡そうと思っていた程度のこと。
渡せるかどうかも分からないのに、下手に気ばかりめぐらせてしまうから変に疲れてしまうばっかりで。


ってことで、リベンジで今日こそ渡しますか。今日でなければ15日になってしまうから。
どうせ彼の仕事上がりを狙ってお店に出向くんなら今日の方が良い。
やっぱり、遅いバレンタインよりも早めのバレンタインの方が良いと、バイトの子達と論議をした結果。

たかだか義理チョコごときでここまで気をめぐらすなんて私もなんて健気で乙女なことか。
DATE: CATEGORY:水の日常
土曜日はちょこっとお買い物。

前々から靴が欲しかったのね。

私ってば生まれてこの方24年、生粋のスニーカーっ子だったの。
高校なんかも私服でさ、ローファーとかじゃなかったし。
専門学校なんかになるとさ、愛用の靴なんて安靴よ?

神奈川に引っ越してフルタイム女性の生活になってもジーパンルックが主流の私は靴もスニーカーが基本。
コーディネート的に合わない時は真季さんからパンプスを借りたりしてたんだけど、慣れないヒールに四苦八苦するわ、サイズが何気に合わないしわでね。
こっちに越して来て靴なんて買うのもまだ3足め。初めて買った靴もスニーカーなの。
それまでの靴は仕事兼用でクタクタだったし、私お約束のブーツカットに合うようなちょっとゴツめのやつ。
んで、2番目に買ったのが今シーズンの冬用に購入したミドルのブーツ。
お決まりの黒色にとんがったつま先。ベルトの部分にリボンも付いてさり気に可愛い。ほとんど一目惚れ。
これならタイツでもハイソでもスキニーのジーンズでもOK。言うこと無しのブーツなんだけど・・・
こいつの弱点。それはヒール。
ヒールがメチャ高い。私が履いたら身長が裕に180cmを超えそうな勢い。
街中を行き交う人を見ても、170cmを超えてそうな女性ってかなり目立つ。ちょっと肩幅があったりすると尚目立つ。
170cmなんて当たり前の男性達に混じって170cm級の女性が居ることがこんなにも違和感のあるものとはと、客観的ながらも驚愕したね。
そんな世間でよ?
私がブーツ履いたら180cmに届きそうな勢いなのよ?(下手すりゃオーバーしてる)

大女。

そんな私ってば完全に大女。ダイジョだよ。Daijo。

女って背が高いとどうしてこうも目立つかねー。存在感アリ過ぎだよ。

しかもそのブーツってばピンヒールなのよ。そうでなくてもヒールに慣れてないっつーのに、自前初のヒールがピンヒールって・・・・・・私ってどんだけ冒険者なのよ。
でもね。とってもお気に入りだから良いの。似合ってると思うし。可愛いしカッコイイしわで。
ただね。苦節24年チャキチャキのスニーカーっ子だった私にとって自前初のヒールがこれなんてハードル高くてさ、ブーツ履いた時って稼働時間がとても短いの。お出掛けなんて身を裂く思いで。


ってことで念願の3足め。

これ
Image011_20090209153556.jpg

至って何の変哲もないローファー。

・・・・・・

・・・・・・

なんでローファーかって? むしろ私がそう聞きたい。

なんでローファーなんだ?

いやさ、この前のブーツもそうだし真季さんからパンプスを借りたりでもそうなんだけどさ。
私もうヒールに心底ガッカリしてるわけ。
でなくても私ノーマルで170cmを裕に超えちゃってるわけ。
今でこそ「モデルみたいで良いな♪」とか言われてるけど、これ以上ヒールとか厚底で背延ばしちゃったらただのデカ女。
ただでさえ超ー可愛プリティをギリギリで維持してるのが台無しになっちゃうわけ。
そりゃあね? 決める時はブーツだしパンプスで良いよ?
でもさ、何も普段からそう気張らなくたって良いわけじゃない?
今回の私的には「スニーカー卒業、それに変わる普段使いで多種多様なコーディネートに合いつつ且つちょいオシャレ」がコンセプトだったの。
そうなるとさ、自然と「革製で・黒・ヒールのない・シンプルでいて・ちょいオシャマ?」なんて考えてたらローファーだって結論なのね。

しかも私さ、ローファーなんて普通にあって売ってるものだとばかり思ってたのね。
でも実際買いに行ったら・・・

「今シーズン、新学生の必需品!」

なんてシーズンネタの棚に設けられてたわけ。


・・・・・・・・・


ローファーってさ。


取り分け高校生が履く靴なの?

私、知らなかったよorz

でもさ、私が今ローファー欲しいと思ってさ、またそのローファーが今のシーズンだから売ってたなんてちょっとNOWいと思わない?

ホント、今で良かったって思うよ。
しかも真季さんが買ってくれたの♪ 久々に嬉しいプレゼントになったよ☆



そんなこんなで、日曜も買い物に。

お目当てはこれ
Image012_20090209153623.jpg

お目当て?


てかこれ・・・・・・


どうするよ?

いや私ね、今年はバレンタインにチョコを渡す予定なんてなかったの。

真季さんに? う~~~ん・・・・

なんかさ、もうそういう雰囲気でも無い感じ?
一緒に暮らしだしてさ、娘ちゃんも居るし、思いっ切り生活感丸出しの日常でさ、今さらチョコなんて?とか思っちゃうんだよねー。
二人してお互いに気入れて手作りをするわけでもなしに?かと言って出来なりのチョコを渡すことにどれだけの意味がある?とか思うとねー。

ホントさ、今年はチョコなんて買うつもりも渡す予定もなかったのよ。なんか寂しいなぁーとか思いながら。
そしたらさ、バイトの子達がチョコを作ってバイトの男の子達にあげるって言うのよ。全部義理なんですけれども。
じゃあ私もあげようかなー・・とか適当に思ってたんだけど、さて誰に渡したものかとも思ったわけ。
私は平日のランチが主だから、男の子達とほとんど交流ないわけよ。面識程度にしか。
そんなロクに顔と名前の一致すら怪しい人にチョコをあげるってのもおかしな話じゃない?向こうにしたって。
そう考えるとさ、せいぜいあげるとなったら根岸君くらいかなとか思ったり。(根岸君についてはこちら

あげるとしたらその根岸君くらい。
でも・・・・・なんかあまり気乗りしない。
根岸君には彼女もいるわけだし・・・・・まぁ義理とはいっても。

やっぱさ、根岸君て私的にはお気に入りなのよね。ウチのお店は男性陣が少ない上にどいつもこいつもヘボメンなわけ。
その中でも根岸君は取り分けイケてて魅力的に見える。
女の子達とも「根岸君てカッコイイよねー!」とか言いながら、「他は良いけど私と根岸君の間だけは邪魔しないでね♪」なんて冗談言ったり。

てかさ、そんな冗談ばかり言ってたらマジで私「根岸君のこと好きかも?!」なんて錯覚すら覚えちゃったりでさ。
なんか義理のつもりがホントに義理でなくなちゃっうような感じで・・・
なんか気まずいような、気が乗らないというか・・・


でも、何だかんだでもう買っちゃったしね。
あげますよ。
軽いノリで「ハイ♪」てさ。

生のニューハーフからチョコ貰うなんて滅多な経験じゃないよ?
てか根岸君は私がニューハーフだって知ってんのかな・・・?
てかそんなことすら問題ではなくて!

なんか変なキンチョーするーorz



DATE: CATEGORY:女への道
昨日も昨日とて、今日も今日とてバイトのMIZUです。

前回の記事の通り9時30分なんてラインが平然の砂漠化の様相呈しちゃってる感じで、昨日は朝少しでも楽になるようにと真季さんが「秘技!夜干し」をしてくれました。

夏の陽気ならそのまま外に出しちゃう勢い。



さぁ、これで朝が断然楽になったぞ!
と意気揚々だった私なのですが、いざ時間を確認してみたら・・・



あれ・・・・(汗



・・・・・・11時?



9時30分は・・・金曜日?!



何とも、9時30分のラインは木曜に限った事じゃないらしかった。

というか私のただの勘違いの早とちりと言いますか。。。

てことで昨日も「秘技!夜干し」のおかげで何とか出勤に間に合いました。



そういえば(話は思いっ切り変わって)さ、使ってたパウダーファンデがそろそろ無くなりそうなの。
11月くらいにダイソーで買ったんだけどさ、なんか終わるの早いなぁーとか。
まぁさ、最初は良く分からずに少ししか塗らなかったのが、今じゃすき家の特盛もビックリの盛々だしね。
車の三層パールかってぐらい盛りまくってた。

んで、そろそろ新しいファンデを買おうかなと。
今使ってるのは「水希、初めてのお化粧♪」的なノリで練習用に100円均一で買った物だからさ、今度はもうちょっと良い品を買おうと思うわけ。

真季さんからも「あんたはベース(すっぴん)が良いんだから、もっと透明感のある良い物にしなさい。」とのことだったので、さあさあ何にしたものか。


後ね、最近少しお風呂上がりにストレッチとか柔軟をしてるの。
いくら元が良いとは言ってもさ、やっぱそういうのは怠っちゃダメかなと思って。胸のマッサージついでに日常に追加してみた。
既に向かうところ敵無しの私ではあるけれど、更なる高みを目指してもいるわけで。


メニューは・・・

腕回し・前後左右10回。

腕、肩の柔軟。

あと背骨の矯正。
なんかね。足を肩幅まで開いて、手を耳の後ろまでバンザイして、口を思いっ切り「あぁー!!」てやるの。3回。
あるあるでやってたから何とも眉唾臭いんですけれども。

次にアレ。何だっけ?
足開いて前屈してから後ろに反るやつ。アレ2回。

腿上げ10回。

そしてウエスト捻り。これが私の一番のキモ。
腹筋に力を入れながら左右に15~20回。出来るだけ多く。

締めに尻筋と八の字筋の運動。
正に最後に締めるみたいな?


何てことのないメニューでしょ?
でもね、そうやって普段から身体を動かすのが大事かなーとかさ。
そのせいか最近体重が0.5~1Kg減ったし。

まぁ、ダイエットと言うよりはシェイプアップみたいな感じ?
出すとこ出して、締めるとこ締めてって。



そういえばさ、真季さんが髪切りたいって言ってたね。こりゃまた何とも奇遇な話で。
私もさ、切ろうかなーって思ってたのよ。ていうかむしろバッサリ。
セミロングくらいか、それ以上くらいに。

つぅーのもさ。その頃ぐらいの私も結構イケてたと思うのね。

ホラ私って?

何をしてもサマになっちゃうから?

どうしようかなぁーってすごく迷っちゃうんだよね。あれもこれもと。

でもなー。

せっかくここまで伸ばしたからなー。

なんか切るのも勿体ないようなー。

切るだけなら簡単。てことで人生お初のロングに挑戦してるわけですけどもー。

悩む。

とっても悩む。



そんなこんなで水希という私は更なる高みへ一直線。

今年の私は一味違います。


DATE: CATEGORY:水の日常
今日の私ってばすごい。



何がってね。一式真季さんの借り物なんだけどさ、ドレッシーなワンピを着たのよ。ジャージー生地で胸開きの。

それがまたさ、私ってばすんごい似合うの。

もうね。可愛いわカッコイイしわでね、そんな自分が少し罪深いとすら思うほど(ある意味重罪だとも)

そのワンピもね?コートもね?真季さんなんかよりも遥かに着こなしちゃってるわけ。

ホント私ってば罪だわー。
(というかむしろ重症。)

もう向かうところ敵無しみたいな?

我に断てぬもの無しみたいな?

「黙れ! そして聞け!」みたいな?(それ違っ)



んで?



そんなにめかし込んで?



何処に出掛けたかって?






バイトorz



思いっくそバイトorz



ところで(話は思いっきり変わって)さ、私って平日のバイトは朝10時からってお願いしてるのね。

つーのもさ。ホラ、私ってお家ではこれでも主婦担当なのよ。
だからさ、朝はバイトに行く前に朝ゴハン用意して、お弁当作って、真季さんと娘ちゃん送り出してから洗濯して布団直してって、そんなこんなしてたら10時なんてあっという間なの。
ハッキリ言って10時が限度ギリギリなの。
だから平日は10時からってお願いしたのに、それ以上早い時間は無理だっつーのに、先週の木曜日ね、9時30分なんてラインがあったわけ。


あのねぇー。あんた私の話し何聞いてんの?


まだね? 私に「この日だけはちょっと・・・」の一言ぐらい言ってくれたならまだ良いよ? でもそんな断りの一言もなくさも当然のようにシフトに入ってるわけ。
「あんたいつも早めに来てるし30分くらい大丈夫でしょ?」
ぐらいの勢いで。


冗談じゃねぇっつーの!


でもね、私このシフト見ても店長に何も言えなかった。 だって店長って苦手なんだもん。
そりゃあ、こんな私を雇ってくれたことには感謝してるけど、店長はそいうことに大らかな理解があると言うようりは、そういった余計な枠に囚われないタイプなだけっぽい。
でさ、私に対する店長の評価ってさ、相当に低評価っぽいの。だから他の人と比べても私に対する風当たりがとっても厳しいわけ。
そりゃあ私だって人より出来る人間だとは思っちゃいないけどさ。でもだからって人をそんな駒の様に雑に扱って良いものかとも思うわけ。
ある種個人的な好き嫌いがあるんじゃないかって思っちゃうほど。

結局私はその日は何も言わずに頑張って9時30分に出勤したけど。

たかが30分。されど30分。その30分が朝の忙しい主婦にとってどれだけ貴重な時間か分かってる?
私ね、朝誰よりも早く起きるの(5時30分)。夜だって一番遅いのに。
それから9時にメイクやら何やらの仕度が出来るまでの間って私の為だけの時間なんて少しも無いのよ?
それでもその日は頑張ってさ、息切らしながら出勤したのよ。



なのに!?



なのにだよ!?



出勤してまず「○○さん(私)、まず○○やって」と。

この時間はさ、料理の仕込みをするのね。
で、私はこの時間初めてだからさ、いつもと仕込むものが違ってたのよ。
いつもの流れならね、
1.朝一に店長が出勤→開店準備→仕込み
2.10時に出勤した私が別の仕込み
こんな流れなわけ。

その日いつもより30分早い出勤を強いられた私は、本来ならその時間店長が取り組む仕込みを任されたわけ。
で、10時にはその仕込みを終わらせて、後はいつも通りの流れになるわけだけど。
9時30分に私が出勤した時点で店長は休憩に行っちゃったわけ。

つまり?

あんたは?

自分がそこで休憩するために私を30分早く来させたと?

何の断りもなく?

あんたマジで良い度胸してる。
私があと一度三分ほど熱い人間だったら間違いなく胸ぐら掴んでる。


まぁね?

私も少しでも多く働いて稼ぎたい気持ちがあるからさ、この30分がギリギリにでも成立するものならまぁ良いかなぁーとも思うのよ。
結果的にその心理を逆手に取られたわけだけどー。

でもさ。

勤務時間が延びたことによって休憩が発生しちゃったのよ。義務的に。

休憩時間30分。



意味ない。



全くもって意味がない。



差し引いてプラマイゼロどころか、私の朝の凄まじい追い込まれ感を考えればむしろマ~~イ。

ハイ。ダメェ~~~~×



じゃなくて。 そうじゃなくて。



しかもさ。実は今週も9時30分なんてラインがあんのよ。先週と全く同じパターンで。



マジで?!



マジなの?!



なんか木曜はもうそれでシフト固定みたいな様相呈しちゃってるんですけど。

マジで勘弁orz



copyright © 2017 水になる想い・・・Extra all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。