FC2ブログ

プロフィール

mizu

Author:mizu
初めまして、そうでない方はこんにちわ。MIZUです。
暖かな日だまりに華の香る息吹、春はやる気に満ちる時期なんだそうですね。でも逆に削がれちゃう人も少なくないみたいです。
いくらコケようがいくら刺されようが、
生きてさえいれば、
春はきっともう一度やってくる。


東方かうんたぁ~


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


リンク


東方かうんたぁ~

現在の閲覧者数:

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:誠 - まこと -
大した間もない内に、マコトは相方に私のことを打ち明けたらしい。



「他に好きな人が出来た」と…



なんでそんなことを…

そんなことを言ったところで、相方を傷つけるだけだって事は分かりきっているのに。






私は自分からマコトには多くを望まなかった。
それは、何よりイレギュラーなのは私の方だからだ。

傷つけるだけなら、知らない方がマシだ。人には知らなくてもいい事実だってある。



でもマコトは、「隠すのは嫌だから」と言った。






確かにそうかもしれない。

人に何かを隠したり、秘密にしたりするのは後ろめたく、何処か心苦しい。

それが大切な人なら尚更だ。






自分の気持ちに正直でありたい。



大切な人を騙しつづけるのは罪か、



大切な人を傷つけ兼ねようとも、真実を伝えるのはエゴか…









どちらが正しいかなんて、そんなの誰にも分からない。



マコトはただ不器用なだけだ。









私と同じ。






そう、マコトと私はよく似てる。



誰かの為に戦い、

守って、

その身を呈して、






そして内に秘めたるものもきっと。






確かに初めからそんな印象はあった。



何処かボーイッシュで、



何処か他の人とは違う影を持ってる。






私と同じ。






だから惹かれたのかもしれない。






私のような人間は、普通自分と同質の人間を嫌う。

それは自分と同じ人間がいると自分の存在意義を失くしてしまうからだ。

この手のタイプは自分のことが嫌いな人間に多く見られる。

自分のことが嫌いな人間がもう一人いる、嫌いな自分を客観的に眺めるようで嫌なのさ。






でもマコトは違う。



私も。






自分が理想とする人間なんていないから、
自分自身が自分が理想とする役割を演じる。



だから惹かれるのさ。

自分が求めていた人間がそこにいるから。






でもそれは演じられた役割。






そう。マコトもきっと同じ。

コメント

そぅ…。
マコトさんは、どうするつもりなんだろ。

真実を告げるのは、悪いことじゃないと思いますが、MIZUさんの言う通り、知らなくていいこともある。

今はMIZUさんを好きになったとしても、以前はきっと大切なお相手だった方に、隠し事をするのが辛かろうが、隠し続けるべきだったと思います。
ズルいけれど、それが優しさだと思う。
例えマコトさんのお相手の方に気付かれても、MIZUさんの存在を隠しつづけて嘘で塗り固めてでも事実を否定しつづけて、マコトさん自身がお相手の方に、罵倒され恨まれようとも、MIZUさんのことはおくびにも出さず、お相手の方とお別れする。
僕は、それがズルいながらも、こうした場合の仁義じゃないかなと…。

自分のしたことにたいする、後ろめたさに負けて、このことにおいては非のない、マコトさんのお相手に無用の苦しみや哀しみや憎しみを与えるのは、1番してはならないことと思います。
自分のズルさをマコトさんが、一生引きずって行く覚悟で、自分がいくら責められようと、お別れする真の理由は告げず、口実をかまえ、最後までお相手を騙し通すのが、せめてもの優しさであり、MIZUさんを守ることに繋がるんじゃないかなと…。
一人で全て背負い込むのは、きっとスゴくつらいと思うけれど、僕はそぅ思う。

>七里さん

そうじゃないんですよ、
マコトはただ不器用なだけです。

私と同じ(^^)

マコトは私もパートナーも対等に扱うと言いました。
別にパートナーへの愛情が消えたわけではありません。
どちらかなんて選べないから、どちらも捨てない。
全部拾う。

根が素直で自分にウソがつけないから、人にもウソなんてつけない、
だからこんな一番面倒で辛い選択しか出来ない。

それでも端から見れば浮気かもしれないし二股に見えても仕様がないでしょうね(^^)
本来なら一人に愛情を注ぐべきところを二人に等しく注ぐのですから、それって並大抵のパワーじゃないですよね。
でもそれが浮気や二股ならその愛情の天秤は等しくは無いはずです。

私にはマコトの気持ちが分かります、私も同じだから(^^)

真琴の選択は間違ってなかったと思います。
結局どちらを選んでも正しかったに違いないし、間違いであったでしょう。
どちらかが正しいんじゃない、
その判断は自分にしか出来ないんですよ(^^)

そうかー。
そう言う考え方もあるんですね。
MIZUさんもマコトさんも納得してるなら、それはそれでいいのかも知れませんね。
うん。そうかー。
双方の理解があれば、確かにその考え方も悪いわけじゃないですね。
僕の考え方も、一つ拡がった気がしたりしてますよ。

ただマコトさんのお相手も、その考え方に同意してくださらないと…ですね。
理解して頂けるといいんですけれど…。

>七里さん

私はある時を境に考え方が変わった気がします。

人に自分を理解してほしいなら、まず自分が相手を理解し受け入れる。

人のことも理解出来ず受け入れられずに、自分の事ばかりを主張しては、
それは何処か無躾で押し付けがましく一方的過ぎる様な気がするんです。

そんな姿勢じゃ、誰も受け入れられないでしょ(^^)?

同じ人間なんていないんだから、みんな違って当然なんです。
解り合うってそういうことでしょ?

誰かを理解し受け入れる、
自分を理解してもらい、受け入れてもらえる…

それは共有であり、それは融和(^^)

MIZUさん

うん。そうそう。
今は解らなくても、『理解しようと努めること』が大切なんだと思う。
受け入れるってそう言うことだと思うんだ。
自分も受け入れられたいなら尚更だよね。
とっても素敵な考え方じゃないですかー!
相手を尊重してあげて、初めて自分も受け入れられるんだと思う。

何だかMIZUさん大人じゃないですかー♪
うん、やっぱり素敵な人なんだね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 水になる想い・・・Extra all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。